クルマとつながるスマホアプリ『助手席カノジョ』のデモを発表

弊社で開発中の “クルマとつながるスマートフォンアプリ” 『助手席カノジョ』 のデモを、5月22日から24日までパシフィコ横浜で開催された「人とくるまのテクノロジー展2013」における株式会社ゼットエムピー様のブースにて展示していただきました。

→ メディア紹介記事

“クルマとつながるスマートフォンアプリ” 『助手席カノジョ』とは、日常の運転を より安全で楽しくする新しいドライブサポートアプリです。ドライバーの運転操作やクルマの状態、周辺環境の状況に応じて、画面の中の「カノジョ」が、アニメーションと声による可愛いリアクションで運転に有益な情報をお伝えします。

今週も東京ビッグサイトの「スマートコミュニティJapan2013」で展示します。

■スマートコミュニティJapan2013/次世代自動車展
http://www.nikkan.co.jp/eve/smart/index.html
開催日時:5月29日(水)から5月31日(金)10:00-17:00
主催:日刊工業新聞
会場:東京ビックサイト 東1・2ホール ブース:SC-81

これは、株式会社ゼットエムピーの提供するアプリケーション開発プラットフォーム
「カー友™SDK」を利用するアプリケーションで、パートナーによる初めての開発事例となります。
弊社では、ゼットエムピー社とのパートナーシップにより、新しいカーライフを実現する
アプリケーションの開発を推進してまいります。

※クルマとつながるアプリのマーケット開拓にご興味のある方、
Titanium Mobile向けクルマアプリ開発フレームワーク の開発にご興味のある方、
個人でも法人の方でもぜひお気軽にご連絡ください。

図1:展示したデモ画面のタイトルイメージ (デモは上記紹介記事でご覧ください)